『中学生』を含むコンテンツ

家庭教師派遣センターの意義

半田市で家庭教師派遣センターと言えば「あすなろ」「ヴォックス」「トライ」あたりが
有名でよく利用される家庭教師派遣センターですが、家庭教師派遣センターの意義とは?

そもそも家庭教師派遣センターを利用するメリットはあるのでしょうか?

各家庭教師派遣センターで、それぞれもっともらしい存在意義を謳い文句にしていますが、
実際のところは、謳い文句はほとんど誇大表現にすぎません。


特定商取引法上で法的に言えば違法にはならないもののコンプライアンス的に言えばウソ。
あまり適正とは言えない表現ばかりです。ウソと思っておいたほうが無難でしょう。

まず、あすなろやヴォックスで家庭教師派遣を依頼すれば高額な教材がセットです。
(セットでないコースもありますが、料金的にはほとんど変わりません)

この学習教材に価値はあまりありません。
またセットの学習教材は特定商取引法上で言う「関連商品」ですから、
中途解約が可能であることも覚えておいて下さい。

そもそも、特定商取引法という法律が出来た際に、
特定継続的役務契約(とくていけいぞくてきえきむけいやく)での指定4業種として、
最初に指定されたのはエステ業界、家庭教師、学習塾、そして英会話教室の4つです。

つまり、この4つは消費者センターへのクレームが多い問題業種であるということです。

そのような指定を受けるような業者に頼む必要性はあるのでしょうか?
あすなろとヴォックスはもともと学生が運営している学生サークルと偽っていました。

ビジネス手法もあざといですね。

ちなみに、電話で「名古屋大学の学生ですけど・・・」などと言って電話アポを取ろうと、
電話をしてくる人たちは学生ではありません。

これは業界では学生トークと呼ばれるアポ手法で学生のフリをしたアポインターです。

そして、営業方法はともかくとしても肝心な派遣される家庭教師はどうかと言えば、
どの家庭教師派遣センターも「行ける人を派遣する」に過ぎません。

家庭教師を厳選したり、教育指導したりはしていません。(ほんの形程度です)

ですから、個人契約サイトなどで個人的に家庭教師と契約する場合と大差無しです。
それも承知の上で、あえて家庭教師派遣センターを利用するメリットをあがげれば、

家庭教師の先生が気に入らない場合に、先生に直接言わなくてもすむ。

という1点だけではないでしょうか。センターに言えば先生を変えてくれますから。
ただし、派遣センターから来た先生が気に入ったからと言って個人契約すると、

民法や商法で言うところの信義則(信義誠実の原則)に反することとなります。

ですから、センターから派遣された教師はセンターを通さないとなりません。
決して個人契約に勝手に切り替えてはいけませんので、その点を注意して下さい。

その点を考えても、どうせ運任せの先生選びであるなら、
自分で個人的に探せるサイトで探したほうがマシだと言えるでしょう。

結局、家庭教師派遣センターを利用するメリットは皆無と言っても過言ではない。

それが私の考える結論です。

無料体験の注意点

家庭教師派遣センターでは、無料体験という制度があることが多いです。
しかし、この中学生向けの無料体験には要注意です。


無料体験のときの家庭教師が、実際にお子様の先生ではないということです。


ほとんどの場合、無料体験のときの家庭教師の先生は、
実際には家庭教師でさえありません。単なる営業マンです。

つまり、家庭教師契約を取るため専用に訓練された人が無料体験を担当します。

ですから、当然そのような人は中学生のお子様たちの扱いも上手いですし、
教え方も上手です。(無料体験で教える部分に関してだけですが)

さらに、1度限りの無料体験ですから、中学生が苦手とする部分を、
わかりやすく、あるいは、目からウロコ的に面白おかしく教えて、

「家庭教師の指導はすごい」「これなら楽しく勉強出来そう」と錯覚させるわけです。

ところが、実際の家庭教師の先生は、契約締結後に選んだ学生さんたちですから、
無料体験のような上手い教え方が出来ることはほとんどありません。

たまたま運が良ければ良い先生に当たりますが、その確率は非常に低いです。
特に半田市では、良い家庭教師の先生がほとんどいないのが現実です。

無料体験で中学生のお子様が楽しく勉強が出来たとしても、
それを理由に家庭教師という方法を選択すると後で後悔することになりますから、
家庭教師派遣センターの無料体験には充分に注意をして下さい。

半田市の家庭教師の質

半田市で中学生のために家庭教師という手段を考えた場合、
問題となるのは、家庭教師の質です。

もっとも、何を以って家庭教師の質について良し悪しを決めるかも問題ですが、
少なくとも、大学生を家庭教師として選ぶ場合について言えば、

半田市には、偏差値レベルの高い大学生は非常に少ないです。

偏差値レベルの高い大学の学生が、すなわち良い家庭教師だとは言いきれませんが、
多くの家庭では、家庭教師の学歴も気にすると思います。

その場合、半田市で家庭教師を選んでも、名古屋大学の学生や、
名古屋工業大学、愛知教育大学といった、国立大学の学生の数は非常に少ないです。

圧倒的に多いのは日本福祉大学の学生さんでしょう。

学力と家庭教師としての良さは比例しませんから、
日本福祉大学の学生さんが悪いわけではありませんし、
非常に良い成果をもたらしてくれることもあると思います。

ですが、学歴を気にされているのでしたら家庭教師は半田市では難しいですし、
特に成績の良い中学生にとっては、学力的に対応出来る学生さんはまずいません。

その点は、承知の上で家庭教師を考えてみて下さい。

また、プロの家庭教師を考える場合においても、
半田市という地域を考慮すれば、さほど良いプロ家庭教師はいません。

何故なら実力が認められた教師であれば、名古屋市のほうが需要が多いため、
名古屋市内での指導にあたることが普通だからです。

この点を踏まえた上で、半田市では中学生向けの家庭教師を検討して下さい。

家庭教師の最大のデメリット

半田市という地域にかかわらず、家庭教師を成績アップのために利用するにあたっては、
1つの大きなデメリットがあります。最大のデメリットと言っても良いでしょう。

それは、中学生のお子様に依存心が芽生えて自立出来なくなるということです。

家庭教師をつけたからといって、必ず成績アップが出来るわけではありませんので、
中学生のお子様が成績アップすれば、家庭教師の利用は成功と思われるでしょうが、
逆に成績アップすることで、お子様が家庭教師をアテにしてしまいます。

家庭教師の言うとおりにすれば成績アップが出来ると思うということは、
家庭教師の指示がなければ成績アップが出来なくなるという不安も同居してしまいます。

つまり、それが自主性を失わせる依存心なのです。

この依存心というものは非常に危険なもので、
中学生の時点で依存心が芽生えてしまったら、その先、高校生になったとき、
さらには、お子様が大人になったときは、どうでしょうか?

高校へ行っても自立出来ないまま、誰かのアドバイスがなければ大学受験も難しく、
大人になっても尚、誰かの指示がなければ自主的に行動出来ない人になりかねません。

これが良く言われる「指示待ち族」というタイプですね。

従って、家庭教師を利用する際の成功は成績アップだけではなく、
成績アップした上で、家庭教師からも自立できて始めて成功だと言えるのです。

このお子様の自立という点と、家庭教師という手段は、ある意味、真逆のことですから、
家庭教師を利用する前に承知の上で、充分に注意をする必要があります。

家庭教師を利用して成績アップしたがばかりに、将来的にはお子様にマイナスになっては、
それこそ本末転倒と言えるからです。この点を、お間違いのないようにして下さい。

運営者情報

このサイト「半田市の中学生向け家庭教師情報」を運営する私は、
以前に家庭教師派遣センターで働いておりました。

ですから、最大手の家庭教師センター、トライから小さな家庭教師センターまで、
もちろん家庭教師のあすなろをはじめとする学生が運営しているように見せている所も、
すべて、その実態を知っております。

だからこそ、家庭教師派遣センターには充分に注意をして欲しいですし、
家庭教師という方法自体の注意点も様々知っておいて欲しいと思っております。

ほとんどの場合、中学生の保護者の方が家庭教師に持つ期待は、期待はずれに終わります。
何故なら、家庭教師にはメリットもありますが、デメリットや限界もあるからです。

家庭教師派遣センターで得た多くの情報をもとに(今も業界の知人から情報が入ります)、
半田市で中学生のために家庭教師を選ぶ際に注意すべきことや、
家庭教師という手段自体の持つ重要な注意点などを伝えておりますので参考にして下さい。

大切なお子様にかかわることですから、注意しすぎということはありません。
充分に注意をして熟考の上で、家庭教師は選んで下さい。

私の情報が半田市の中学生や保護者の方に役立てば幸いです。